歯科衛生士の専門学校と仕事場の基礎知識

歯科衛生士とは

歯の治療のために、歯医者さんに行ったときに歯科医師と
もう一人女性が、必ずいて歯科医師のサポートをしたり
後で、歯の磨きかたを教えてもらったのを覚えていますが

これらのことをしてくれる人、口の健康を守る仕事を
「歯科衛生士」といいます


歯科衛生士は、歯科診療補助、歯科予防処置、歯科保健指導を
おもに業務として行ないます

「歯科衛生士法」という法律により定められています

国家試験に合格し免許を取得すると歯科衛生士として働く
ことができる国家資格ですね

専門学校や短期大学など歯科専門の養成施設を2年以上勉強
して国家試験に合格した資格の保有者です

一定の教育を受けて資格をもっているのが、歯科衛生士で
教育を受けず資格ももっていないのが、歯科助手と呼ばれています

違い区別がつきにくいと思いますが、簡単にいうと歯科衛生士は、
患者さんの口の中に、手を入れて触れることが許されていますが、
歯科助手は、口の中に触れてはいけません。
法律で、しっかりと決められています


歯の専門的なことを理解しているため、歯の治療の手順を知っており
歯科医師の手伝いができますし、歯に使うための薬の知識を持って
いるので、取り扱うこともできます

歯の治療といえば虫歯や歯周病ですが、それを予防するには
汚れを落としてきれいにするしかないので、歯の磨き方を指導したり
汚れである歯垢や歯石を除去することも認められています

食べることは生活の一部ですから生活習慣にも気を配って
身体の健康管理にもつながる重要な役割を担っています

歯科衛生士
スポンサーリンク

お気に入りなんです

人気急上昇のバーチャルオフィスについてhttp://ameblo.jp/monakaka0916/

© 2007 歯科衛生士の専門学校と仕事場の基礎知識