歯科衛生士の専門学校と仕事場の基礎知識

歯科診療補助

歯医者さんに行って、治療をしてもらっていると歯科医師の
指示にしたがって、サポートしている姿をみますが
これは、主に大きく3つある仕事「歯科診療補助」「歯科予防処置」
「歯科保健指導」の内の歯科診療補助にあたります


診療補助にも受付事務、室内清掃と管理、カルテの管理
診療報酬の請求事務、予診・問診なども含まれています


歯科衛生士は、歯科診療の補助をなすに当たっては、主治の歯科医師
の指示があった場合を除くほか、診療機械を使用し、医薬品を授与し
又は医薬品について指示をなしに、その他歯科医師が行なうので
なければ衛生上危害を生じるおそれのある行為をしてはならない
ただし、臨時応急の手当をすることは、さしつかえない

と「歯科衛生士法」によって定められています


歯科医師の指示を受けて、医療行為のサポートします
医療行為のサポートといってもやらないといけないことは
たくさんあります

口腔内の清掃や薬の調合、入れ歯や矯正装置をつくるための歯型つくり
診療の機器や器具の準備、滅菌、消毒、他にはX線撮影の補助など

歯科医師は治療から全てのことができますが、一人でそれらをやっている
わけにはいきません

歯科医師ひとりが、たくさんの患者さんを抱えて治療から処置まで
全てをこなすのは、非常に無理があり負担がかかります

大体、ひとりで歯科医師が患者をみると10分〜20分かかり
治療内容によっては、診療時間が前後しますが一日何十人と診ないと
いけない中、治療など難しいことは、歯科医師にしかできないことです

例えば、ブラッシングの指導をするのには時間がかかりますから
治療に専念しないといけない歯科医師ではなく、逆に歯科衛生士が
適任であり、あらゆる業務を手分けしていますね

歯科衛生士
スポンサーリンク

お気に入りなんです

© 2007 歯科衛生士の専門学校と仕事場の基礎知識