歯科衛生士の専門学校と仕事場の基礎知識

歯科予防処置

「虫歯」や「歯周病」の予防をします。歯と歯のあいだや
歯ぐきに汚れが残ってしまうと、歯垢(プラーク)となり、更に
それをほおっておくと唾液中のカルシウムが付着して、
堅くなってしまうと歯石となるります


虫歯菌によってつくられ、歯や歯周ポケットに付着します
ほおっておくと虫歯や歯周病になります

それを防ぐために、歯垢と歯石を専用の器具(スケーラー)を
使って除去します

とられている最中は「大丈夫かな!?」と思うぐらい
痛いですし、削られ血が出ているのを感じますね


薬物の塗布をするのも歯科衛生士の主な仕事ですね
虫歯を予防するための薬は「フッ素」というものが用いられます
よく歯磨き粉のコマーシャルでいっているのを聞きますね

歯の表面をおおっているエナメル質を強くすることで
虫歯菌から出る酸によるカルシウムの欠損を補い、
抵抗力のある歯にします

また、虫歯の原因となる細菌の活動を抑制する効果もあります

酸は歯の成分を溶かしてしまいます。そこで、溶けた成分を歯に
戻すことを「再石灰化」といいます


他に有効な薬を使う場合もありますが、多様しすぎると
副作用がでてしまうので、それら薬の知識も身につけているからこそ
歯科衛生士は薬の塗布をすることができます

副作用には歯に白い斑点がでてくる「歯牙フッ素症」と
いうのがあります

ちゃんと、これら薬の効果と弊害を理解しているから処置ができます
ただ単に、塗ればいいというものではありません


あと歯に治療で空いた穴に詰め物でつめる処置を「予防填塞(よぼうてんそく)」
とよばれていますが、歯科技工士がつくったインレーとは、また違う処置で
ふさぎますので、填塞材という材料のことも必要な知識のひとつですね


これらは専門的な知識や技術があってできるのは医療行為です
ので、歯科医師と歯科衛生士だけが許されています

歯科衛生士
スポンサーリンク

お気に入りなんです

銀座のバーチャルオフィスの代名詞と言えばこちらの会社ではないでしょうか?

© 2007 歯科衛生士の専門学校と仕事場の基礎知識