歯科衛生士の専門学校と仕事場の基礎知識

歯科衛生士の歴史

法律が制定される前までの昭和初期では、歯科医師を目指して
いる人(歯科書生)が歯科診療の補助しているぐらいで
歯科衛生士という社会のニーズはなかったようですね


第二次世界大戦の後で日本は敗戦の中、配給制度で食料を
調達していた時期に、アメリカの連合国軍総司令部(GHQ)が
日本の公衆衛生の改善を求め指導しました


1947年(昭和22年)保健所法が改正されて、歯科衛生が
業務に取り入れられました。歯科衛生士は保健所で働くようになり
業務内容は、歯科予防処置や歯科保健指導が主な仕事でした


1948年(昭和23年)歯科衛生士法が制定されました

1955年(昭和30年)歯科衛生士の業務に歯科診療の補助が
加えられました。これはかなり大きな事で、仕事が増えたことで
活躍の場も増え社会的ニーズが出てきました

他に歯磨きや食生活の改善などの指導も行なうようになり
歯科衛生士の役割が重要になってきました
それに伴い養成施設も増えていきます

1989年(平成元年)歯科衛生士法の業務に「歯科保健指導」
が加えられ、現在の状況ができたわけです

歯科衛生士
スポンサーリンク

お気に入りなんです

激安のオフィスと言えばこちら・・・バーチャルオフィスQ&A!法人登記や電話代行サービスも格安で便利!

© 2007 歯科衛生士の専門学校と仕事場の基礎知識