歯科衛生士の専門学校と仕事場の基礎知識

保健所

保健所は、都道府県、政令市の管轄で、患者というよりは
地域の人が対象になります

診療所のように治療が目的というよりは、予防指導や
保健指導が中心になります

「歯に問題をかかえている」のとは違い、歯科にかかわる問題を
あつかっています

保健所の業務としては、「虫歯に予防に関する業務」と
「成人歯科予防に関する業務」の二つになります

虫歯予防に関しては
1健康相談の指導 2幼児教室で指導 3保育園で集団指導
4妊婦教室で指導 5虫歯予防の資料作成
6九ヶ月児健康診断と集団指導
7一歳六ヶ月児童健康診断と個別指導
8三歳児健康診断と個別指導 など

成人歯科予防に関しては
1健康相談 2健康診断 3健康教育 4訪問指導
5機能訓練 6保健手帳の交付 など

とありますが、指導に関する業務は保健センターに
移行していっています

保健所での歯科衛生士は、歯科保健の事業をどうしていくか
計画、体制を考えていくプランナー的な役割になります

歯科衛生士
スポンサーリンク

お気に入りなんです

© 2007 歯科衛生士の専門学校と仕事場の基礎知識