歯科衛生士の専門学校と仕事場の基礎知識

保健センター

歯科医院などは、治療を行うことによって営利目的になりますが、
行政の場合は、営利ではなく住民の健康のために仕事をします

保健センターは、市町村の管轄になります
地域住民の健康サービスを目的としていますね


1994年に「地域保健対策強化のための関係法律の整備
に関する法律」が成立したためですね


事業内容としては、保健所が企画した事業を保健センターの
歯科衛生士が住民にサービスを提供します


生後三ヶ月から十ヶ月の乳幼児対象の歯科検診、相談
妊婦や成人を対象に予防などの歯科衛生教育

保育園や小学校などで歯科の集団指導

高齢者を対象に口腔診査
在宅高齢者を対象に訪問歯科

肢体不自由児を対象の施設で歯科指導など


住民のニーズに対応した歯科保健サービスを充実させ
実施することが重要かつ不可欠ですね

歯科衛生士
スポンサーリンク

お気に入りなんです

© 2007 歯科衛生士の専門学校と仕事場の基礎知識