歯科衛生士の専門学校と仕事場の基礎知識

歯科衛生士養成施設の勉強

修業年限は2年以上
(歯科衛生士学校養成所指定規則の一部改正により
平成17年4月1日より3年以上、経過措置期間は
平成22年3月31日までの5年間)

修業期間は2年から3年制に変えているところが、増えて
きています

歯科衛生士学校養成所指定規則により決められた
歯科衛生士養成カリキュラムは次の通りです


◆基礎科目:180時間

人文科学・社会科学:60時間
心理学、社会・倫理学、教育学から2科目以上を選択して
30時間ずつ勉強します

自然科学:60時間
生物学、科学、物理学から2科目以上を選択して
30時間ずつ勉強します

外国学:60時間英語を勉強します


◆専門科目:1785時間
歯科衛生士概論:15時間

  解剖学  :90時間
解剖学が30時間、組織・発生が15時間、口腔解剖学が45時間

生理学        :30時間
病理学        :30時間
微生物学       :30時間
薬理学        :30時間
口腔衛生学     :90時間  歯科衛生統計
衛生学・公衆衛生学:30時間
栄養指導       :60時間  栄養学
衛生行政・社会福祉:30時間  関係法規
歯科臨床概論    :30時間
歯科保存学     :60時間
歯科補綴学     :30時間
小児歯科学     :30時間
矯正歯科学     :30時間
歯科予防処置    :180時間 基礎実習
歯科診療補助    :180時間 基礎実習
保健指導       :120時間 基礎実習
臨床実習       :660時間


卒業者は歯科衛生士試験の受験資格が得られます
国家試験合格者に歯科衛生士の資格が与えられますが、
歯科衛生士として就業するには歯科衛生士免許証が必要です

歯科衛生士
スポンサーリンク

お気に入りなんです

© 2007 歯科衛生士の専門学校と仕事場の基礎知識