歯科衛生士の専門学校と仕事場の基礎知識

歯科衛生士国家試験について

国家試験は年に1回で、3月初旬にかけて行なわれますね

試験は、知識のための学科試験ですので、高校や大学の
入試ように競争率まで気にすることはなく、
あくまで自身の知識が判定されます

試験の日時や試験場所、受験願書の詳細は、10月初旬頃に
官報で公示されますね


◆受験資格について

1)文部科学大臣が指定した歯科衛生士学校を卒業
  した者(3月下旬までに卒業見込みのある者)

2)厚生労働大臣が指定した歯科衛生士養成所を卒業
  した者(3月下旬までに卒業見込みのある者)

3)外国の歯科衛生士養成所などを卒業した者、または
  外国で歯科衛生士免許を得た人で、厚生労働大臣が
  適格と認めた者

◆受験要領について

1)受験願書
  氏名は戸籍に記載されているものを使用
  日本国籍を有していない者については、外国人
  登録原票の氏名を使用

2)国内の歯科衛生士養成機関を卒業まあたは卒業見込みの
  人は、卒業証明書又は卒業見込み証明書。外国で
  歯科衛生士の資格を取得した人などは、歯科衛生士試験受験
  資格認定書の写しを提出

3)写真
  出願前6ヶ月いないに脱帽正面で撮影した縦6cm
  横4cmのもので、その裏面に撮影年月日および氏名を
  記入すること

◆受験手数料:14300円

受験に関する書類の受付提出先は
財団法人歯科医療研修振興財団に提出します


◆試験科目について

歯科衛生士国家試験受験科目は、9科目で、200問出題されます
試験は午前と午後にわかれ150分ずつで行なわれます
全てマークシート方式で、合格基準をクリアすれば合格ですね

1解剖学・生理学 2病理学 3微生物学 薬理学
4口腔衛生学 5衛生学 公衆衛生学(衛生行政・社会福祉を含む)
6栄養指導 7歯科臨床大要(歯科臨床概論 歯科保存学 歯科補綴学
口腔外科学 小児歯科学 矯正歯科学)8歯科予防処置
9歯科診療補助 保健指導


養成学校でしっかりと勉強して、過去の問題集も目を通して
おけば、合格率は高いといえます


合格発表は厚生労働省にその氏名を提示して、発表されます
養成校に歯科衛生士教育協議会から合格者の氏名が連絡されます。


歯科衛生士
スポンサーリンク

お気に入りなんです

品川駅周辺には派遣案件もたくさんあります。
新橋の派遣会社ランキングです。

© 2007 歯科衛生士の専門学校と仕事場の基礎知識