歯科衛生士の専門学校と仕事場の基礎知識

歯科衛生士のキャリアアップ

歯科衛生士の場合、一般的な会社と違い自分をアピールする
のは、難しいと思います。会社であれば、役職などが証明
してくれますが、ではどうしたらいいのでしょう?

歯科に関連する資格を取得しておくと自己アピールに繋がるのと
証明になり、仕事の幅も増やすことができます


◆医療事務職(メディカルクラーク)
診療費を出すための診療報酬点数を計算したり、診療報酬請求書
を作成するのに、専門的な知識が必要になってきます

必ず必要というわけではありませんが、こういった医療事務業の
知識や技能の資格(メディカルクラーク)をもっていれば
信用度が全然ちがいますね

歯科業務の場合であれば、他の医療事務と違い。別になくても
できますし、公的資格でなくても民間資格でもできます


◆ホームヘルパー(訪問介護員)
高齢化社会の到来で、こらから益々シルバー産業の場が増えるので
歯科衛生士の資格だけでも十分業務はありますが、もっと深く
携わりたいなら、ホームヘルパー(訪問介護員)の国家資格を
取得しておくといいですね


歯科衛生士は口腔内や食事のことに携わることができます
ホームヘルパーの資格をもっていると、介護者に対して
身体全体の介護まで、いきわたりますね


こういった資格を持っておくと、フリーランスといって複数の契約を
しておく事で、自分でやりたい時間や場所を決める事ができます

曜日や時間を合わせたり、日によって、歯科診療所、訪問診療とに
分けて働いたりしています

自分の得意分野、専門的なことにいかすことができますね

歯科衛生士
スポンサーリンク

お気に入りなんです

© 2007 歯科衛生士の専門学校と仕事場の基礎知識