歯科衛生士の専門学校と仕事場の基礎知識

結婚して改めて思うこと。

"高校生の頃、口内炎が悪化して口の中が荒れ、食べ物が食べられず
2週間ほど入院をした経験のある私。
その時に、栄養士さんにとてもお世話になりました。
入院しているひとりひとりに合った食事を考え、病室まで出向いてくれて
面談をして下さるその丁寧な対応に驚いたのと、憧れを持ってしまうほど
人柄の素敵な方でした。
栄養士・保育士、どちらの職業になりたいか進路に迷い、保育士の道を選んだ私
ですが、保育士として勤め5年が経ち、今では主婦となりました。
一度は保育士としての道を歩むことを決め、踏ん切りをつけたつもりでしたが、
結婚して夫の健康を考えた時に、ふとまた栄養士という資格に憧れていた自分を
思い出しました。
栄養士は通信教育等では取得が出来ない資格で、学校に通わなければ
ならないとのこと。
最低でも2年かかります。
栄養士の資格、取ってみたいみたいな~!
今はまだ子どもがいないので、出産前が最後のチャンスかな?とも
思っていますが・・・なかなか心を決められずにいます。
自分や夫の為にも、そして将来産まれてきて欲しいと望んでいる
わが子の為にも、栄養という生きていくうえで必要不可欠なものを
学び、日々の暮らしに活かしていけたらな~と思っております。
一生に一度の決断をしてみようかな?
食べることは生きることですものね!
"

歯科衛生士
スポンサーリンク

お気に入りなんです

© 2007 歯科衛生士の専門学校と仕事場の基礎知識