歯科衛生士の専門学校と仕事場の基礎知識

帰りが一緒はつらいよ。

"帰りが一緒になると何故か一緒にご飯を食べに行く事が多く、終業前になると、どのタイミングで帰るかが悩みでした。
時々終業前にメールや内線電話で捉まってしまうこともありますが。
タイムカードを押す時が一番の緊張の瞬間です。ここで捉まると逃げられません。毎回「用事があるので」と断るのも悪いので見つかって引き止められたら諦めます。
次はエレベーターです。一緒になると行く事が多いので、なるべく階段を使うようにしていました。待っている間に人が来てしまうこともあり、ここまでの努力も無駄になるので。
大体、何が食べたいか聞かれますが、「○○が食べたい」とリクエストはするものの、どうやら自分が食べたいものとは違うらしく、結果リクエストしたものではない場合が多いです。お金がないと言いながら奢られるのも辛いです。話しをただ聞くだけで良いのか、少しは意見も言わなければいけないのか。気を遣います。なるべく出すように努力もしてますが、そんな努力をするなら、逃げる努力をした方が楽なのです。
別に人付き合いが嫌いなわけではありません。ただ、数が多いと自分の財布の中身と相談することも多くなるので、それが困るのです。正直に「お金がないので」と言ってしまうのも何だか申し訳ないのです。"

歯科衛生士
スポンサーリンク

お気に入りなんです

© 2007 歯科衛生士の専門学校と仕事場の基礎知識